けんぞうの前立腺がん重粒子線治療闘病記

50代会社員が高リスク限局前立腺がんの告知を受けてからの闘病記です

重粒子線照射まで その5 排尿・排便管理

排尿・排便チェック 次のX病院受診の15日前から排尿・排便のチェックを始めます。 排尿後に250~300mlの水を飲み、2時間トイレに行かずに我慢できるかを午前と午後に1回ずつチェックし、前回受領したチェック表に記録します。 その結果、成功したのは30回中2…

重粒子線照射まで その4 ホルモン治療 性機能障害について

今回から3か月用の注射に変更 2回目のリュープリン注射から1か月が経って、2020年4月下旬にホルモン治療のため連携クリニックを受診しました。 4月7日に7都府県に発出された新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言は、4月16日には全国に拡大されました。 幸い…

重粒子線照射まで その3 治療スケジュール決定

重粒子線科の最初の受診では、治療法の説明書兼同意書の他に、前立腺がんに対する放射線治療方針についての説明資料ももらいました。 こちらの資料には、X病院におけるIMRTと重粒子線治療の適用方針について、より具体的な説明が書かれています。 低リスト群…

重粒子線照射まで その2 重粒子線治療の説明

2020年3月初旬に重粒子線科の受診しました。 治療法検討中に泌尿器科でお願いして一度重粒子線科で治療の話は聞きましたが、治療開始に当たっては初めての受診となります。 診察前にX病院の治療体制の説明と健康状態に関する簡単なアンケートがありました。 …

重粒子線照射まで その1 ホルモン治療開始

さてようやく治療法が決定しました。 3月初旬に重粒子線科の最初の診察予約が入っていますが、それに先立ちホルモン治療を開始します。 私の場合は高リスクがんのため2年間のホルモン治療を併用することになっており、ホルモン治療開始後数か月して、がん細…

治療法の選択 その7 重粒子線治療に決定

X病院放射線科の説明を聞く 重粒子線治療専門のセカンドオピニオン外来クリニックでセカンドオピニオンを受けた後、X病院の放射線科でも話を聞きました。 診察室に入ると人当たりの良い医師が、本来は治療方法を決めた後に正式に用いる説明同意書を用いて丁…

治療法の選択 その6 セカンドオピニオンを受ける

治療法選択のポイント X病院泌尿器科の医師の説明と自分で色々調べた結果を整理すると、今のところ治療法選択の上での主なポイントは以下の3点です。 泌尿器科の医師の説明では、重粒子線治療に比べ手術の方が治療成績が良い⇒本当か? 泌尿器科の医師の説明…

治療法の選択 その5 色々わかってきたこと

検査の結果、転移は認められなかったものの肩のあたりに疑わしい部分があり、重粒子線治療を選ぶのであればMRIで詳しく調べる必要があるということで、追加のMRI検査を受けることになりました。 年末年始をはさんで検査まで2週間ほどあったので正月気分もそ…

治療法の選択 その4 まさかの重粒子線治療NG ⇒ 追加検査

転移はないが重粒子線治療はダメ? 転移の有無を調べるためCT検査と骨シンチグラフィーを受け、検査結果を聞く受診日がやってきました。 告知から3週間、治療法について調べてみて、概ね重粒子線治療を選択する方に傾いていました。 ただ、まだ分からないこ…

治療法の選択 その3 放射線治療:IMRTと重粒子線治療

病院の資料を確認 もう一つの選択肢である放射線治療についてもまずはX病院からもらったプリントを確認します。 体の外から前立腺に放射線を当てる治療でIMRTという治療と重粒子線治療がある しばらくホルモン療法でがんを小さくしてから照射を行う IMRTの場…

治療法の選択 その2 手術:ロボット支援下全摘除術

ロボット手術? 担当の医師からは手術か放射線治療のどちらかを選択するようにいわれており、年齢が若いので手術がお勧めという感じでした。 私は50代後半なので年齢が若いという意味はもちろん前立腺がん患者としてという意味です。 手術は、正式には「前立…

治療法の選択 その1 情報収集

がんの進行度合いは? さて、がんの告知を受けて慌てて情報収集を始めます。 まずは手っ取り早くネット検索といわゆる家庭医学の前立腺がん解説書を購入して読んでみました。 医学の進歩も日進月歩だろうから書籍はその時点で発行年月日が比較的新しい本を選…

がん告知まで その2 結果告知

がん告知 高リスクがんでしたー(泣) 生検を受けてから3週間後に結果を聞くためX病院を受診しました。 今から思うと信じられませんが、この時点でもほぼがんがみつかるとは考えていませんでした。 早くがんではないことをはっきりさせてローンの協議を進め…

がん告知まで その1 生検を受ける

検査前日 入院 いよいよ生検を受けるため入院することになりました。 午前中に入院病棟に入り、まずは入院のスケジュールと退院後の注意事項についての説明を受けます。 1日目: ・入院、検査に関する説明 ・就寝前に下剤服用 2日目: ・6時に抗菌剤服用、以…

生検を受けるまで その4 生検準備

生検について 生検を受けることが決まり、病院から生検についての説明書を受領しました。 概要は以下のとおりです。 生検の必要性 PSA高値の場合、前立腺肥大や炎症の他前立腺の腫瘍が疑われるが、前立腺腫瘍の診断を確定する唯一の方法は前立腺の細胞を採取…

生検を受けるまで その3 ようやく専門病院を受診

お気楽に近所のクリニックでPSA再検査 ⇒数値変わらず 2019年6月の人間ドックでPSA検査の結果8.7ng/mlとなり、3か月後に再検査を受検するよう所見がありました。 9月になって近所のかかりつけ内科で再検査を受けましたが、がんの心配をして受けたというより、…

生検を受けるまで その2 自覚症状

血尿でクリニック受診、どうも診断があやしい 人間ドックの検査でPSA値が8.7ng/mlとなり、再検査も同じ数値で生検を受けることになりましたが、この時点で、特に目立った自覚症状はありませんでした。 まあ年相応におしっこが近いことがあるくらいです。 そ…

生検を受けるまで その1 PSA検査

人間ドックの結果 2019年6月に受けた人間ドックの結果、PSA腫瘍マーカーの値が8.7ng/mlとなり、3か月後に再検査を受けるようにとの指示を受けました。 人間ドックは会社からの指示で毎年受けており、PSA検査はオプション項目の一つとなっています。 ただし、…

はじめに 前立腺がんの疑いや告知を受けた皆さまへ

はじめまして、けんぞうと申します。 2019年末に高リスク限局前立腺がん(TNM分類:cT2aN0M0、グリソンスコア:8)の告知を受けて、現在重粒子線+ホルモン治療を受けています。 人間ドックの結果で前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSA値が基準値の4.0ng/mlを…