けんぞうの前立腺がん重粒子線治療闘病記

50代会社員が高リスク限局前立腺がんの告知を受けてからの闘病記です

重粒子線治療 第2週目

治療開始後、最初の週末

土曜日は食事の制限を解放して天ぷら蕎麦を食べノンアルビールを飲みました。

 

 サムネイル画像

 

そういえば禁酒しなければならないことを過去の記事で書いただろうかと思い確認したところ、どうも書いていないようですね。

 

X病院の治療法説明資料に書かれていないこととして以下の2点があります。

 

  • 治療中と治療後3か月は禁酒しなければならない
  • 自転車やバイクなど前立腺部分に刺激が生じる乗り物には一生乗れない

 

酒飲みにとって3か月の禁酒は重要事項ですね(笑)

サイクリングやツーリングを趣味とする人にとって「一生乗れない」は、禁酒3か月の比ではなく、それを理由に治療法を変えるという人もいるのではないでしょうか。

でもこれらは病院の説明資料には何も書かれていないんですよね。

 

確か、自転車・バイクに乗れないことは最初の放射線科受診時に口頭では説明がありました、

禁酒については治療前に病院からもらった注意事項の資料に書いてあります。

(治療法が決まって後に引けないところで伝えるという病院側の作戦か?)

 

 サムネイル画像

 

久しぶりに違った食事をしたからか、はたまた合併症が生じたのか、土曜日は下痢でした。

翌日の日曜は下痢は治まったものの逆に排便はなしでした。

 

7月20日(月) 照射5回目

第2週目に入りました。 

排尿時に最初少し出にくい感じがあります。

いよいよ合併症がでてきたのでしょうか。

7時頃排便があり病院に向かいます。

病院についた後、軽い便意がありましたが結局便は出ませんでした。

いつもどおり準備をして治療室に入ります。

順調に位置決めが終わって、いよいよ照射となったところで別の部屋で照射中なので一時待機となりました。

治療室は3室ありますが、同時に照射はできないようです

それほど待たずに照射が終わりました。

技師の方から蓄尿も便の状態も良好との説明がありました。

照射が終わるとこの日は2回目のCT撮影です。

 

7月21日(火) 照射6回目

 

ルーチンどおり朝食後に排便します。

少し下痢気味です。

病院到着後に2回目の排便があり、変わらず下痢気味です。

排便後もまだ少し残っている感じ。

照射前の排尿時に排便もあり、相変わらず下痢でしたが、やっと出切った感じがありました。

結局、蓄尿もガス抜き状態も良好ということでした。

これで照射が半分終了しました。

 

サムネイル画像

 

この調子で最後まで行きたいところです。

 

7月22日(水) 照射7回目

この日は2回目の便は出ませんでした。

位置決めの時にまず左足の位置を直され、その後固定具を外して腰の位置を2回修正されました。

排便1回でしたが、腸の状態は問題なかったようです。

明日から連休のため今週はこれで終わりです。

 

週一回の診察の日なので診察を受けます

尿が出にくくなったことを伝えますが、医師はパソコンに入力するのみで特にこれといった反応はなく診察終了しました。

明日から4連休なので食事制限一時解禁して昼はチャーハン餃子を食しました。

 

サムネイル画像

 

連休中に尿の出にくさが少し強くなり、出始めるのに時間がかかり、出始めてからもチョロチョロと勢いがありません。

やっぱり早期の合併症が始まっているのでしょうか

 

新型コロナ感染者がついに東京で300人を超えました

無事治療を終えられるでしょうか...

 

※本ブログは医学の専門家ではない一患者の治療記録です。可能な限り正確な情報を記載するよう努めていますが、必ずしも正確性や安全性を保証するものではありません。当サイトをご利用することで発生したトラブルに関しては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。